産業部門(製造業)の指針(対策メニュー)

産業部門(製造業)

工場で温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

断続運転が可能である場合の運転の集約化

対策の概要

【概要】

加熱工程を把握し、スケジュールを管理することなどにより改善して、省エネ化を図る。

【実施目標】

加熱工程を把握し、改善すること。

対策の特徴や実施手順

【実施手順】

①熱利用設備の現状の運転時間と、加熱作業の時間を確認する。

  • 運転時間と作業時間を比較し、無駄な運転時間がないかなどを確認する。

②加熱工程の見直しなどにより、熱効率を高くできないか検討する。

  • 加熱を繰り返し行う工程では、工程間の待ち時間を短縮できないか検討する。

  • 加熱等を行う設備で断続的な運転ができるものについては、運転を集約化できないか検討する。

  • 複数の加熱等を行う設備を使用するときは、設備全体としての熱効率が高くなるようにすることも検討する。

  • 検討した結果を、標準的な加熱工程の管理方法としてまとめておくとよい。

③②で検討した結果をもとに、実際に加熱工程の熱効率の改善に取り組む。

④効果を確認する。

  • 実施前後のエネルギー使用量を比較し、効果を確認する。

  • 効果の確認結果については、情報を共有する。

出典

東京都「地球温暖化対策報告書作成ハンドブック」(平成28年3月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.