産業部門(製造業)の指針(対策メニュー)

産業部門(製造業)

工場で温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

ヒートポンプ等を活用した熱効率の高い温度差エネルギー活用設備の導入

対策の概要

【概要】

冷暖房や給湯などに地中熱を利用して、省エネを図る。

【実施目標】

地中熱ヒートポンプの導入を実施して、温室効果ガス排出量の削減に努める。

対策の特徴や実施手順

【実施手順】

①地中熱ヒートポンプの導入についてメーカーと相談する。

  • 地中熱ヒートポンプは、地盤や地下水の条件によってシステムの性能が大きく左右される。メーカーに相談すること。

  • 地中熱ヒートポンプは、一般的に冷暖房と給湯に利用される。冷暖房と給湯の需要が大きい、学校や病院等の事業所では、導入が効果的である。また、年間を通じてサーバルームの室温調整が必要となるデータセンターでの活用も考えられる。

②地中熱ヒートポンプ設備を導入する。

  • 導入にあたっては、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の補助金等の利用を検討する。

③効果を確認する。

  • 実施前後の購入する電力やガス、燃料の量を比較し、効果を確認する。

  • 効果の確認結果については、全社で情報を共有する。

出典

東京都「地球温暖化対策報告書作成ハンドブック」(平成28年3月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.