業務部門の指針(対策メニュー)

業務部門

オフィスで温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

除湿・再熱制御システムの再加熱運転の停止

対策の目的

  • 給気の冷却除湿や過冷却空気の再加熱により給気などを行う除湿・再熱制御システムは、空気を一度冷却し、再度過熱するため消費エネルギーが多い。

  • また、除湿・再熱制御システムを採用している事務所ビルなどにあっては、冷却除湿と再加熱を通年実施している場合が少なくない。

  • このため、温度・湿度条件が厳しくない期間を見極め、同期間内の再加熱運転を停止することにより、空調設備のエネルギー消費量やCO2排出量の削減を図る。

対策の概要

  • コンピュータールーム、収蔵庫など厳密な恒温恒湿管理(特に湿度管理)が必要とならない空調系統で採用する。

  • 厳密な温度・湿度管理を必要としない室は、除湿・再加熱運転を停止する。

【実施手順】
①対象となる系統、室内の年間の温度・湿度、使用状況を確認
※厳密な温度・湿度管理を必要としない場合(場所、時期)を把握し、採用の可否を判断

②運転停止前、冷水コイル出口側の空気温度調整の実施
※中間期・冬期:冷水コイルが冷却しない状態まで冷水コイル出口側の空気温度を調整
※夏期:再熱コイルが加熱しない状態まで冷水コイル出口側の空気温度を調整

③再加熱運転の停止

実施上の留意点

  • 同じ空調機系統に恒温・恒湿管理が必要となる部屋がある場合は、採用できない。

出典・参考文献

  • 「新版 省エネチューニングマニュアル」
    経済産業省委託事業/(財)省エネルギーセンター(H20年3月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.