業務部門の指針(対策メニュー)

業務部門

オフィスで温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

空調機設備・熱源機の起動時刻の適正化

対策の目的

  • 季節を問わず年間を通して同じ時間帯に空調機を起動させている場合は、冷暖房軽負荷期や中間期では適温確立時刻が予定より早まり、結果的に冷暖房時間の長期化、エネルギー消費の増加につながる。

  • このため、季節、ピーク時期、軽負荷時期や空調機、熱源の運転状況を的確に判断し、起動設定や運用方法を調整することで、空調設備のエネルギー消費量やCO2排出量の削減を図る。

対策の概要

  • ビルの管理規則や賃貸基準等により決められている空調開始時間と実際の冷暖房立ち上がり(適温確立)時間を確認し、この差が大きい場合は起動時刻の調整幅( CO2排出量の削減効果)が大きいので、起動時刻調整を行う。

  • 時刻調整は、主に冷暖房軽負荷期や春、秋などの中間期に行う。

【実施手順】
①冷暖房立ち上がり(適温確立)時間を確認 ※現状の適温確立時間と実際の適温立ち上がり時間、空調機起動設定時間を把握
②空調機器の起動時刻を調整
※現状の適温設定時間と実際の適温立ち上がり時間との乖離幅を見て起動時間を調整する。
※自動で起動時間を制御している場合は、各パラメーター設定の適否、過不足をチェックし、調整する。

実施上の留意点

  • 24時間使用を前提とするビル、系統や運転時間が契約上固定されている場合は採用できない。

  • 例えば、立ち上がり時間を短縮させ過ぎて、空調設定時間までに適温にならないなど、時刻調整が適切でない場合はクレームにつながるため、予めテナント等の利用の特定や要求を把握・分析しておく必要がある。

費用回収年数

◎:限りなく0年

導入効果

試算の前提※「エネルギー消費原単位管理ツールESUM」を活用。

空調の朝の起動時刻の調整・適正化により、立り上がりの空調運転時間が年間を平均して1日1時間程度短縮すると仮定。

①ガス消費量の削減量:12.23〔千㎥〕
②電気消費量の削減量:94.64〔千kWh〕
③CO2排出量の削減量:77.9〔t〕

出典・参考文献

【出典】
図1:「新版 省エネチューニングマニュアル」 経済産業省委託事業/(財)省エネルギーセンター(H20年3月)

【参考資料・文献】

  • 「新版 省エネチューニングマニュアル」 経済産業省委託事業/(財)省エネルギーセンター(H20年3月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.