業務部門の指針(対策メニュー)

業務部門

オフィスで温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

ウォーミングアップ時の外気取入停止

対策の目的

  • 熱源や空調機は、始業時に室内が適切な温度になるように、出勤時間より前から熱源や空調機の予冷・予熱運転をするのが一般的である。しかし、予冷・予熱時には在室者が殆どいないため、外気を取入れる必要性は低い。

  • 特に夏期や冬期の予冷・予熱運転時に、通常の運転時と同程度の外気を取入れることは、夏の高温多湿、冬の低温乾燥空気を快適な状態にするため、多大なエネルギー消費につながる。

  • このため、始業前の予冷・予熱運転時に外気取入れを停止することで、ファンの動力や熱源設備のエネルギー消費量やCO2排出量の削減を図る。

対策の概要

  • 熱負荷損失軽減のために、予冷・予熱運転時に手動又は自動で空調機等の外気取入れダンパを開閉する。併せて、空調運転開始時間を季節毎・部屋毎に検討し、立ち上げ時間の最適化を図る。

  • なお、予冷・予熱運転時の外気取入れ停止は、毎日かつ始業前の作業なので、手動よりは、自動制御でスケジュール運転する方が現実的である。

【実施手順】
①予冷・予熱時間、同時間のダンパ動作等の空調システムを確認
※予冷・予熱時間がなるべく短くなるように設定し直す
②予冷・予熱時の外気取入れ停止
※自動制御方法:スケジュール変更、外気ダンパのタイマー組込み
手動方法:手動でダンパを開閉

実施上の留意点

  • 暖房時は建物内の温度や外気温が低いため、予熱時の外気取入れ停止による省エネや CO2排出量の削減効果は大きい。一方で、冷房時は、夜間に室内に溜まった熱気や臭気を排出するために、予冷時に外気を取入れた方が省エネ効果は大きい場合がある。このため、四季の変化等にも留意し、外気取入れを停止するか、或いは積極的に取入れるかについて判断する必要がある。

  • 外気取入れ停止を自動制御とするには、設備工事が必要であり、更新時にCO2センサーによる外気量の自動制御方法を導入することが望ましい。

  • 外気取入れダンパ漏れが多い場合や、ダンパ操作位置が不適な場合などは、ダンパの補修が必要である。

費用回収年数

◎:限りなく0年

導入効果

試算の前提※「エネルギー消費原単位管理ツールESUM」を活用

就業前の空調ウォーミングアップ運転時に外気取入れを停止し、ファン動力や熱源設備のエネルギー消費を削減すると仮定。

①ガス消費量の削減量:3.94〔千㎥〕
②電気消費量の削減量:6.74〔千kWh〕
③CO2排出量の削減量:11.95〔t〕

出典・参考文献

【参考資料・文献】

  • 「省エネチューニングガイドブック」(財)省エネルギーセンター(H19年1月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.