業務部門の指針(対策メニュー)

業務部門

オフィスで温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

熱源台数制御装置の運転発停順位の適正化

対策の目的

  • 冷凍機等の熱源機器が複数設置され、熱負荷に応じて運転台数が最適になるように台数制御されているビルの場合、竣工引渡し時の設定のまま運転されている場合が少なくない。

  • 冷暖房負荷の大小に関係なく、初期設定のまま台数運転していると、搬送エネルギーの電力量に無駄が生じている場合がある。

  • このため、気象条件や曜日、時間帯によるビルの冷暖房負荷に応じて適切に熱源運転台数が増減するよう運転発停順位を調整し、高効率運転とすることで、熱源設備のエネルギー消費量やCO2排出量の削減を図る。

対策の概要

  • 運転発停順位は月ごとに見直しを行い、特に冷温水負荷が減少する中間期には調整を実施する。

  • 先発大容量機のみの運転が大半となっている場合で、配管系統が2ポンプシステムの場合に採用が可能である。

  • 月ごとや時間ごとの熱負荷、熱源機器の運転時間、外気温湿度などの運転状況からビルのピーク負荷を確認する。

  • 負荷が減少し先発大容量機の運転のみとなり、ピーク負荷が小容量機出力以下の日が続く場合に、大容量熱源機先発から小容量機先発に運転設定を変更する。

  • 台数制御をつかさどる動作隙間を適切に設定し、無駄な増段やハンチング運転を避ける。 ○ 機器効率(COP)が高い熱源機を優先的に運転する。

【実施手順】
①ビルのピーク熱負荷を確認
※熱源機器の運転記録等より日ピーク熱負荷各熱源機の運転時間と確認
※各熱源機が運転指示を受ける熱負荷値を確認
②運転順位の変更

実施上の留意点

  • 先発大容量機のみの運転が大半となっている場合で、配管系統が2ポンプシステムの場合に採用が可能である。

  • 配管系統が1ポンプの場合、熱量計(センサー)や熱源台数制御装置等が設置されていない場合や、1次側(熱源機側)と2次側(空調機器側)の流量調整が適切に行われていない場合は採用できない。

費用回収年数

◎:限りなく0年

出典・参考文献

【出典】
図1:「省エネチューニングガイドブック」(財)省エネルギーセンター(H19年1月)

【参考資料・文献】

  • 「省エネチューニングガイドブック」(財)省エネルギーセンター(H19年1月)

  • 「新版 省エネチューニングマニュアル」 経済産業省委託事業/(財)省エネルギーセンター(H20年3月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.