このページの本文へ移動

パラオパラオ

パラオ  パラオ共和国(Republic of Palau)は、ミクロネシア地域の島々からなる国で、北緯9~7度、東経133~134度に位置している。北のカヤンゲル島から首都マルキョク(2006年10月、コロールより遷都)のあるバベルダオブ島、コロール島、ペリリュー島を経て南のアンガウル島まで一列に連なり、アンガウル島の南には、南西諸島のソンソロール、プルアナ、メリル、トビがある。全国の島の数は386であるが、有人島は以上の9島のみである。 国土面積は488平方キロメートルであり、屋久島とほぼ同じ広さである。(外務省資料より抜粋)

最新情報

最新情報はありません

事例・プロジェクト

パラオ共和国の概要

基礎データ
人口20,097人(2014年、世界銀行)
政治体制大統領制
言語パラオ語、英語
GNI(名目)2億3000万米ドル (2013年、世界銀行)
一人当たりGNI(名目)11,110米ドル(2014年、世界銀行)
経済成長率(実質)8.0%(2014年、世界銀行)
主要産業観光業
※参考 外務省ホームページ外部サイトが開きます
開発計画等
パラオ(開発計画等) [PDF 175KB]
行政機関
パラオ(行政機構) [PDF 460KB]
気候変動政策
パラオ(気候変動政策) [PDF 402KB]
廃棄物関連政策
パラオ(廃棄物政策) [PDF 338KB]
研究機関、政府関連機関
パラオ(研究機関、政府関連機関) [PDF 162KB]