このページの本文へ移動

ミャンマーミャンマー

ミャンマー ミャンマー連邦共和国(Republic of the Union of Myanmar)は、面積約68万平方キロメートル(日本の約1.8倍)、ビルマ民族が70%を占める多民族国家です。一人当たりGDPは868ドル(2013年)で、主要産業は農業です。日本政府はミャンマーの経済・社会の発展や福祉の向上に貢献するため、ミャンマー各地で資金協力や技術協力を行っており、日本企業も有望な生産拠点,市場として高い関心を持っています。(外務省 国別援助方針より抜粋)

最新情報

最新情報はありません

事例・プロジェクト

ミャンマーの概要

基礎データ
人口5,141万人(2014年9月(ミャンマー入国管理・人口省発表))
政治体制大統領制、共和制
言語ミャンマー語
GDP(名目)約568億米ドル(2013/14年度、IMF推計)
一人当たりGDP(名目)1,113米ドル(2013/14年度、IMF推計)
経済成長率(実質)8.25%(2013/14年度、IMF推計)
主要産業農業
※参考 外務省ホームページ外部サイトが開きます
行政機関
ミャンマー(行政機構) [PDF 190KB]
気候変動政策
ミャンマー(気候変動政策) [PDF 576KB]
廃棄物関連政策
ミャンマー(廃棄物政策) [PDF 537KB]
研究機関、政府関連機関
ミャンマー(研究機関、政府関連機関) [PDF 80KB]