このページの本文へ移動

モンゴルモンゴル

モンゴル  モンゴル国(Mongolia)は、国土面積約156万4,100平方キロメートル(日本の約4倍)で、中国とロシアに挟まれた内陸国です。1990年に社会主義体制から民主化して市場経済に移行し、以降ODA を通じて二国間関係は強化され、幅広い分野で緊密な関係が構築されてきました。2012年度までの援助供与額は、円借款、無償資金協力、技術協力合わせて約2,166億円で、日本はモンゴルにとって最大の援助国となっています。日本・モンゴル間の貿易額は輸出入合計で約270.9 億円(2011年)、2013年度末時点で、経済連携協定(EPA)/自由貿易協定(FTA)は交渉中です。(外務省資料より抜粋)

最新情報

最新情報はありません

事例・プロジェクト

モンゴル国の概要

基礎データ
人口306万1,000人(2015年、モンゴル国家統計委員会)
政治体制共和制(大統領制と議院内閣制の併用)
言語モンゴル語(国家公用語),カザフ語
GDP(名目)12,015.9百万米ドル(2014年,世界銀行)
一人当たりGDP(名目)4,320米ドル(2014年,世界銀行)
経済成長率(実質)2.3%(2015年,モンゴル国家統計委員会)
主要産業鉱業,牧畜業,流通業,軽工業
※参考 外務省ホームページ外部サイトが開きます
開発計画等
モンゴル(開発計画等) [PDF 222KB]
行政機関
モンゴル(行政機構) [PDF 291KB]
気候変動政策
モンゴル(気候変動政策) [PDF 648KB]
廃棄物関連政策
モンゴル(廃棄物政策) [PDF 336KB]
研究機関、政府関連機関
モンゴル(研究機関、政府関連機関) [PDF 240KB]

ウランバートル市の概要

基礎データ
人口130万人
面積4,700 平方キロメートル
人口密度1平方キロメートルあたり277人
水道普及率100%(都市部)(2011年)
下水道普及率下水道普及率:64%(都市部)(2011年)
※出典:ウランバートル市資料
WHO / UNICEF Joint Monitoring Programme (JMP) for Water Supply and Sanitation(水道普及率、下水道普及率)
ウランバートル市の環境行政等
ウランバートルの環境行政等 [PDF 313KB]