本文へジャンプ

■議事録一覧■

中央環境審議会 瀬戸内海部会(第6回)議事要旨


<日時>

平成19年9月4日(火) 14:00〜16:00

<場所>

中央合同庁舎5号館環境省第1会議室(22階)

<議題>

(1)
瀬戸内海環境保全基本計画のフォローアップについて
(2)
報告事項
  • 今後の閉鎖性海域対策に関する懇談会と中長期ビジョン策定について
  • 平成20年度予算概算要求新規事項:里海創生支援事業について
  • 瀬戸内海の環境の保全に関する府県計画の改定について
  • 瀬戸内海における干潟実態調査結果について
  • 閉鎖性海域における環境改善技術実証モデル事業について
(3)
その他

<出席者>

(部会長)
須藤 隆一
(委員)
鷲谷いづみ
(臨時委員)
浮田 正夫、沖 陽子、川嶋 康宏、小森 星児、笹木 圭子、白木江都子、武岡 英隆、中原 紘之、西山 淳子、野中 和雄、久野 武、藤原 正弘、松井 大悟、松田 治、道浦母都子、宮原 邦之、森 仁美、森脇 忍
(環境省)
寺田水環境担当審議官、望月水環境課長、高橋閉鎖性海域対策室長 他

<議事経過>

<問い合わせ先>

環境省 水・大気環境局 水環境課 閉鎖性海域対策室 03−5521−8320

<配布資料>

資料1 中央環境審議会瀬戸内海部会 委員名簿
資料2−1 瀬戸内海環境保全基本計画のフォローアップについて
資料2−2 瀬戸内海環境保全基本計画の進捗状況について
資料3 今後の閉鎖性海域対策に関する懇談会と中長期ビジョン策定について
資料4 平成20年度予算概算要求新規事項:里海創生支援事業について
資料5 瀬戸内海の環境の保全に関する府県計画の見直しについて
資料6 瀬戸内海における干潟実態調査結果について
資料7 閉鎖性海域における環境改善技術実証モデル事業について