本文へジャンプ

■議事録一覧■

中央環境審議会大気環境部会
微小粒子状物質測定法専門委員会(第2回)議事要旨


1.日時

平成21年4月3日(金) 14:00〜17:00

2.場所

虎ノ門パストラル 新館5F マグノリア

3.議事
(1)
微小粒子状物質の測定法の基本的考え方及び標準測定法について
(2)
自動測定機による測定法について
(3)

その他

4.出席者
委員:

坂本委員長、岩崎委員、浦野委員、小林委員、若松委員、指宿委員、田邊委員、 内藤委員、西川委員、三笠委員、溝畑委員、森委員

環境省:

水・大気環境局長 他
(事務局)水・大気環境局大気環境課

5.議事内容

会議は公開で行われた。

(1)について
 微小粒子状物質の測定法の基本的考え方及び標準測定法について、事務局より資料1及び参考資料1を用いて説明が行われ、各委員より質疑がなされるとともに、標準測定法の満たすべき基本的条件、サンプリング及び秤量の条件と手順等について意見が出された。

(2)について
・自動測定機による測定法について、事務局より資料2、参考資料2及び参考資料3を用いて説明が行われ、各委員より質疑がなされるとともに、自動測定機が満たすべき基本的条件、標準測定法との等価性評価方法、精度管理方法等についての意見が出された。
・(1)を含め、今回、各委員から出された指摘等を踏まえ、事務局において資料を用意し、再度、これらの内容について、次回の専門委員会で審議することとされた。

6.配布資料
資料1 微小粒子状物質の測定法の基本的考え方及び標準測定法(案)
資料2 自動測定機による測定法及びその等価性評価方法(案)
参考資料1 標準測定法の検討に当たって留意すべき事項
参考資料2 自動測定機による測定法の検討に当たって留意すべき事項
参考資料3 自動測定機並行測定試験の追加調査結果

<問い合わせ先>
環境省水・大気環境局大気環境課調査係
(電話03−3581−3351(内線6537・6539))