■議事録一覧■

中央環境審議会大気環境部会
第9回排出抑制専門委員会議事要旨


1. 日時  平成17年6月15日(水)9:30〜12:00
 
2. 場所  経済産業省別館944号会議室
 
3. 議題
(1) 有害大気汚染物質対策について
(2) その他
  
4. 出席者
委員 永田委員長、加藤委員、田邊委員、中杉委員、森川委員
環境省 環境管理局 小林環境管理局長、関大気環境課長 他
(事務局)大気環境課
  
5. 議事内容
  (1)について
   有害大気汚染物質対策に係る第2期自主管理計画に基づく平成15年度の実績報告を受けたことから、当専門委員会では、その結果を整理・評価し、今後の有害大気汚染物質対策の取組みについて審議を行った。主な内容は次のとおり。
  • 全国的な自主管理計画に基づく排出削減により、全国的に大気環境濃度が改善されたこと等を踏まえると、自主管理計画は第1期・第2期を通じて大きな成果が得られた。
  • 今後の有害大気汚染物質対策の進め方としては、これまでのように業界単位等で削減取組を実施するのではなく、自主管理計画を通じて確立された枠組み等を活用し、個別事業者のそれぞれの責任のもとでの自主的な排出抑制や地方公共団体と事業者との連携による地域主体の自主的な取組へと移行することが適当であると考えられる。
  • 今後とも当委員会においては、PRTRデータ及び有害大気汚染物質モニタリング結果等により、排出量や環境濃度等を継続的に検証・評価し、それらを踏まえ、有害大気汚染物質対策を検討していくこととする。
(2)について
   特になし。


問い合わせ先
 環境省環境管理局大気環境課(代表電話03−3581−3351)
  課長   関荘一郎 (内線6530)
  課長補佐   長坂雄一 (内線6537)
  担当   仁木真司 (内線6534)