■議事録一覧■

中央環境審議会大気環境部会
第1回排出抑制専門委員会議事要旨


1.日時  平成13年9月28日(金)10:30〜12:40

2.場所  環境省第三会議室

3.議題  (1)有害大気汚染物質対策に係る事業者の自主管理計画について
 (2)その他

4.出席者
 委員永田委員長、内山委員、浦野委員、加藤委員、中杉委員、森川委員
 環境省環境管理局 西出大気環境課長 他
(事務局)大気環境課


5.議事内容
 自主管理による有害大気汚染物質の排出量削減を実施する関係業界団体のうち6団体の自主管理計画(案)等が示され、討議が行われた。主な意見は次のとおり。
  • ベンゼンについて、移動発生源・給油所からの排出や、ガソリン中の含有量についても、自主管理の対象とするのか、検討が必要(永田委員長、内山委員、中杉委員)
  • 排出量のみではなく、原単位についての情報も必要(永田委員長)
  • 削減目標量の設定の根拠、削減率の低い場合の理由を明確にすべき(浦野委員、森川委員)
  • 特に排出量が多い事業所については、個別事業者が自ら目標を設定するのも一つの方法ではないか(中杉委員)
  • 基準排出量が修正される場合のルールが必要(永田委員長、浦野委員)
  • コークス炉からの排出量の定量化には、背景となる情報が必要(永田委員長、浦野委員)
 計画案についての確認事項は、事務局がとりまとめ経済産業省を通じて照会し、次回以降の専門委員会で報告することとされた。

問い合わせ先
環境省環境管理局大気環境課(代表電話03−3581−3351)
  課  長  西出徹雄(内線6530)
  課長補佐  伊藤 正(内線6572)
  担  当  鶏内雅司(内線6537)