■議事録一覧■

平成18年度中央環境審議会自然環境・野生生物合同部会 議事要旨


1.日時

平成19年2月26日(月)10:00〜12:20

2.場所

ホテルフロラシオン青山

3.出席者

(合同部会長)

熊谷洋一

(委員)
石坂匡身
石原收 磯崎博司
磯部力 市田則孝 岩熊敏夫
大澤雅彦 川名英子 栗田亘
是末準 近勝 齋藤勝
桜井泰憲 佐藤友美子 鹿野久男
篠原修 白幡洋三郎 高橋佳孝
田中正 田部井淳子 土屋誠
中川浩明 中道宏 中村太士
西岡秀三 野田節男 服部明世
浜本奈鼓 速水亨 原重一
原田純孝 三浦愼吾 森戸哲
矢原徹一    

(五十音順、敬称略)

(事務局)

環境省大臣官房審議官(自然環境担当)
環境省自然環境局自然環境計画課長、野生生物課長他
文部科学省、農林水産省、国土交通省

(その他報告者)
鹿島建設株式会社 環境本部地球環境室長

4.議事概要

◆事務局から「新・生物多様性国家戦略の実施状況の点検結果(第4回)」について報告。
◆点検期間における主な施策対応報告
・ 環境省自然環境局から「鳥獣の保護管理に係わる制度改正等について」を説明
・ 農林水産省から「主に第2の危機に対応する農林水産省の施策について」を説明
◆企業による生物多様性保全の取組として、以下の企業がそれぞれの取組を報告。
・ 全日本空輸株式会社:全日空の生物多様性保全への取組について説明
・ 鹿島建設株式会社:鹿島の生物多様性保全への取組について説明
◆環境省から「生物多様性国家戦略見直しに向けた検討状況」を報告。

◆委員からの主な質疑・意見は以下のとおり

○ 点検全般について

○ 地球温暖化による生物多様性への影響について

○ 生物多様性の損失の評価について

○ 企業の取組について

○ 森林管理、緑の回廊について

○ 里地里山保全、耕作放棄地対策等について

○ 自然環境のモニタリングについて

○ 公共事業の事業評価について