中央環境審議会水環境部会 水生生物保全排水規制等専門委員会(第3回)議事要旨

日時

平成17年8月9日(火) 10:00~12:00

場所

環境省第1会議室

議事

(1) 前回議事録(案)について
(2) 前回指摘事項について
(3) 排水濃度の実態等について
(4) 亜鉛に係る対策の基本的な考え方
(5) その他

出席者

 
委員  松尾友矩委員長、眞柄泰基委員、森田昌敏委員、酒井憲司委員、
 土屋隆夫委員、東海明宏委員、花木啓祐委員、平沢泉委員、宮晶子委員
環境省  紀村水環境管理課長 他

議事経過

  会議は公開で行われた。
議題1について
  資料2の議事録の確認が行われた。
議題2について
 事務局から資料3-1から資料3-3により説明、質疑応答が行われた。
議題3について
 事務局から資料4及び資料5により説明、質疑応答が行われた。
議題4について
 事務局から資料6により説明、質疑応答が行われた。
議題5について
 事務局から今後の予定等について説明がなされた。

 

問い合わせ先

  環境省水環境部水環境管理課 03-5521-8318
 

配布資料

資料1   中央環境審議会水環境部会水生生物保全排水規制等専門委員会委員名簿
資料2   中央環境審議会水環境部会水生生物保全排水規制等専門委員会(第2回)議事録(案)
資料3-1   生活系の発生源の関連事項
 ・生活用品中の亜鉛
 ・生活排水における亜鉛濃度と負荷量
 ・食品、生活用品中の亜鉛濃度
資料3-2   事業系の発生源の関連事項
 ・工場等の排水量と河川の流量との関係
資料3-3   その他の発生源の関連事項
 ・公共用水域における農薬類の検出状況
資料4   亜鉛の処理技術の水準について
 ・アルカリ凝集沈殿法における理論上の亜鉛濃度低減レベル
 ・亜鉛の排水濃度の実態(各濃度レベルの割合)
 ・処理方式による実排水の濃度低減水準
資料5   亜鉛濃度の変動性について
 ・生活排水における亜鉛濃度の時間変動について
 ・事業場排水における亜鉛濃度の時間変動について
資料6   亜鉛に係る対策の基本的な考え方
参考資料   水生生物の保全に係る環境基準に関する施策の重要事項について
(水生生物保全排水規制等専門委員会(第1回) 資料5)
ページ先頭へ