国内排出量取引制度小委員会(第2回) 議事要旨

1.日時

平成22年5月13日(木)14:00~17:30

2.場所

全国都市会館 大ホール

3.議事

(1)
関係業界・団体からヒアリングについて
(2)
その他

4.出席委員

植田委員長、明日香委員、有村委員、大塚委員、大野委員、影山委員、笹之内委員、末吉委員、冨田委員、新美委員、則武委員、武川委員

5.配付資料

資料1 本日の進め方
資料2 委員からの事前質問
資料3 「排出量取引制度:日本の主な課題」(Henry Derwent氏提出資料)
資料4 「気候ネットワークモデル法案の視点からのコメント」(気候ネットワーク提出資料)
資料5 「キャップ&トレード方式による国内排出量取引制度の論点について」(温室効果ガス審査協会提出資料)
資料6 「豊かな森林資源を活用したカーボン・オフセットの取組」(高知県提出資料)
資料7 「排出量取引と国際競争力」(明日香委員提出資料)
参考資料1 「キャップ&トレード方式による国内排出量取引制度の論点」に対する意見の募集について(お知らせ)[4月26日報道発表資料]
参考資料2 「地球温暖化対策に関する国民対話 ~チャレンジ25日本縦断キャラバン~」の開催について(お知らせ)[5月11日報道発表資料]

6.議事内容

会議は公開で行われた。
 事務局から、資料1、2に沿って説明を行った後、資料3に沿ってHenry Derwent氏(IETA[International Emissions Trading Association]事務局長)から説明を聴取し、質疑応答を行った。その後、資料4に沿って気候ネットワーク(代表:浅岡美恵氏)、資料5に沿って温室効果ガス審査協会(代表理事(会長):河村修良氏、理事:稲永弘氏)、資料6に沿って高知県(林業振興・環境部環境共生課長:鍋島克人氏)、資料7に沿って明日香委員から、それぞれ説明を聴取し、まとめて質疑応答を行った。
 また、事務局から、参考資料2に沿って「チャレンジ25日本縦断キャラバン」と称した国民対話の実施について紹介を行った。
 次回は、5月21日(金)13:00~16:00、東京商工会議所国際会議場において、引き続き関係業界・団体からのヒアリングを行うこととされた。

※ 会議後、事務局から、6月2日(火)までに追加コメントの提出を依頼したところ、以下のとおり提出があった。
○ 気候ネットワーク [PDF 293KB]
○ 温室効果ガス審査協会 [PDF 129KB]

7.問い合わせ先

環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表:03-3581-3351(内線:6788、6041)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ