平成29年度第9回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 平成29年度化学物質審議会第4回安全対策部会 第181回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨

日時

【第一部】平成30年1月19日(金)14:00~15:02

【第二部】平成30年1月19日(金)15:30~17:30

場所

中央合同庁舎5号館 12階 専用第15会議室

議題

【第一部】

1.優先評価化学物質のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける評価等について

2.一般化学物質優先判定について

3.中鎖塩素化パラフィンに副生している短鎖塩素化パラフィンの取扱いについて

4.その他

【第二部】

1.前回指摘事項等の確認等について

2.新規化学物質の審議について

3.その他

議事

【第一部】

会議は公開で行われた。

○ 議題1について

  • 優先評価化学物質である-メチルカルバミン酸2-sec-ブチルフェニルのリスク評価(一次)評価Ⅱにおける生態影響に係る評価について審議が行われ、評価結果及び今後の対応が了承された。

  • 優先評価化学物質である-ジメチルホルムアミドのリスク評価(一次)評価Ⅱにおける人健康影響に係る評価について審議が行われ、評価結果及び今後の対応が了承された。

○ 議題2について、

  • 有害性情報を入手することができなかった一般化学物質について、生態影響に係る有害性のデフォルトの有害性クラスを適用して、スクリーニング評価を行った結果、生態影響の観点から5物質が優先評価化学物質相当と判定された。判定結果については、別添 [11KB]を参照。

○ 議題3について、

  • 中鎖塩素化パラフィンに副生している短鎖塩素化パラフィンの取扱いについて審議が行われ、リスク評価結果及び管理方針が了承された。

【第二部】

新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

  • 議題1について、事務局から前回指摘事項等の確認結果の説明があった。

  • 議題2について、届出があった新規化学物質30件の判定に関する審議が行われた。

  • 議題3について、必要な議論が行われた。

ページ先頭へ