平成27年度第4回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 平成27年度化学物質審議会第1回安全対策部会/化学物質審議会第149回審査部会 第156回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨

日時

  • 【第1部】平成27年7月24日(金)12時10分~12時20分
  • 【第2部】平成27年7月24日(金)13時00分~14時40分
  • 【第3部】平成27年7月24日(金)15時00分~17時40分

場所

経済産業省別館1階101-2・103・105共用会議室

議題

【第1部】(中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会単独開催)

  1. 1. 残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)新規対象物質の化学物質審査規制法第一種特定化学物質への指定について
    (審議予定物質:塩素数が2以上のポリ塩化ナフタレン、ペンタクロロフェノールとその塩及びエステル類)
  2. 2.その他

【第2部】

  1. 1. 優先評価化学物質のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける評価について
  2. 2. その他

【第3部】

  1. 1. 前回指摘事項等の確認等について
  2. 2. 新規化学物質の審議について
  3. 3. その他

議事

【第1部】

会議は公開で行われた。

・ 議題1について、新たにPOPs条約の附属書A(廃絶)への追加が決定された塩素数が2のポリ塩化ナフタレン並びにペンタクロロフェノールとその塩及びエステル類について、化学物質審査規制法第2条第2項に規定する第一種特定化学物質に指定することが適当であるとの結論が得られた。

【第2部】

会議は公開で行われた。

・ 議題1について、優先評価化学物質である、2,6-ジ-tert-ブチル-4-メチルフェノール及び1,2,4-トリメチルベンゼンのリスク評価(一次)評価Ⅱにおける生態影響に係る評価について審議が行われ、評価結果及び今後の対応は概ね了承された。一部の文言については、座長に一任された。

【第3部】

 新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

  • ・ 議題1について、事務局から前回指摘事項等の確認結果の説明があった。
  • ・ 議題2について、届出があった新規化学物質33件の判定に関する審議が行われた。
  • ・ 議題3について、必要な議論が行われた。

ページ先頭へ