環境省保健・化学物質対策報告書

平成14年度内分泌攪乱化学物質のヒトへの健康影響調査研究報告書

平成15年3月

全文】[PDF 499MB]

【分割】 1/2[PDF 242KB] 2/2[PDF 269KB]
目次
目的
 
研究班名簿
 
第1章ヒト先天異常発生等調査
ヒト先天異常発生等調査(総括)
1.研究要旨
2.研究者
3.研究目的
4.研究方法
5.研究結果
6.考察
・内分泌攪乱化学物質(いわゆる環境ホルモン)のヒト妊孕性ならびにヒト胎児、先天異常に及ぼす影響に関する研究
1.研究要旨
2.研究協力者
3.研究目的
4.研究方法
5.結果
6.考察
7.学会発表
8.論文発表
・先天奇形を指標とした環境モニタリング−尿道下裂患者の母親群におけるビスフェノールA濃度の検討−
1.研究要旨
2.研究協力者
3.研究目的
4.対象と方法
5.結果と考察
1)疫学的検討
2)尿道下裂児とその母親におけるビスフェノールA(BPA)
3)正常対照婦人群におけるBPA濃度
4)一般対照妊婦と出産経験のある妊娠していない婦人のBPA値比較
6.文献
資料
 
第2章出生性比調査
1.諸言
2.資料と方法
2.1 資料
2.2 方法
2.2.1 PMB
2.2.1.1 PMBの計算
2.2.1.2 PMBの分布
2.2.1.3 焼却場からのダイオキシン排出量の多い市町村の解析
2.2.2 死産男児割合(proporion of male stillbirths = PMSB),死産性別不詳割合(proporion of unknown sex stillbirths = PUSSB)
2.2.2.1 PMSBとPUSSBの計算
2.2,2.2 都道府県・年次別のPMSB,PUSSB
2.2.3 PMBとPMSBの関連
3.結果と考察
3.1 PMB
3.1.1 PMBの分布
3.1.2 焼却場からのダイオキシン排出量の多い市町村の解析
3.2 PMSB
3.2.1 都道府県・年次別のPMSB,PUSSB
3.3 PMBとPMSBの関連
4.文献
参考資料
参考図
参考表
附録 都道府県別の市町村PMBおよびその95%信頼区間(1976-1981年,1982-1989年,1990-1997年),および95%信頼区間と都道府県全体のPMBとの関連について