保健・化学物質対策

平成31年度重金属等の健康影響に関する総合的研究(水俣病に関する総合的研究)新規研究公募のお知らせ

環境保健部 環境保健企画管理課
特殊疾病対策室


1.背景

 環境省では、水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法(平成21年法律第81号。以下「特措法」という。)第37条及び水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法の救済措置の方針(平成22年4月閣議決定。以下「救済措置の方針」という。)に基づき、メチル水銀が人の健康に与える影響に関する調査の手法の開発について、

① 有効な診断方法の開発

② 患者の経年的変化及び自然史の把握

③ 曝露量と症候の関係の解明

の3つの要素を基本方針として研究を進めています。

 今般、 重金属等の健康影響に関する総合的研究(水俣病に関する総合的研究)において、平成31年度より、2.の研究を実施する研究者を公募します。

2.公募内容および概要

(1) 一般枠公募課題

 上記の①~③の要素のうちひとつ、または複数について、推進すること、またはその推進にあたり有用な基礎的知見を得ることを目的とした研究課題です。

 本年度は下記の課題について公募を行います。

・ 曝露量と症候の関係の解明
メチル水銀曝露量と症候の関係(低濃度曝露における影響や用量反応関係など)の科学的な解明に資する知見の収集や研究手法の開発

 新規採択課題予定数:2~3課題程度

(2) 政策枠公募課題

 環境省として必要な研究課題であって,以下のいずれも満たすものを「政策枠」として設定します。

・水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法(平成21年法律第81号)に基づき行う研究

・当該研究の実施者として他に適当なところが見出される可能性が少ないと思料される研究

・水俣病認定患者を対象とするため対外的な配慮を必要とする等の事情により、行政機関との緊密な連携が不可欠と考えられる研究

 本年度は下記及びを政策枠課題として公募します。

① メチル水銀曝露による健康影響に関するレビュー研究 (曝露量と症候の関係の解明:1課題程度)

・世界のメチル水銀及び金属水銀の健康影響に関する研究の動向を探り、現在求められている課題を明らかにすることを目的として、関連する論文や国際機関の報告を網羅的にレビューし、その結果を整理する。また、2017年に発効した「水銀に関する水俣条約」を踏まえ、世界における水銀への曝露状況について情報収集する。

② 水俣病患者の脳構造の画像解析研究(有効な診断方法の開発:1課題程度)

・水俣病がメチル水銀によって生じた中枢性の器質性神経障害であることに着目し、被験者の脳MRI画像を用いて、メチル水銀の影響を受けた者と正常人との形態変化の差異から、メチル水銀による形態的影響を客観的に把握する手法を開発する。また、脳磁計等の脳MRI以外の検査方法によって得られたメチル水銀による機能的影響に係るデータと併せて評価することにより、当該手法の精度向上を図る。

3.想定している研究期間、研究費等

(1)研究期間

  平成31年度から3年を上限とする期間

(2)研究費

  1課題あたり年間100~350万円程度

4.応募方法

 別添「研究計画書作成要領」を参照の上、様式「平成31年度 水俣病に関する総合的研究 研究計画書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記事務局に郵送して下さい。

5.応募期限

 平成31年4月3日(水)~4月24日(水)(必着)まで

6.研究の採択

 研究の採択につきましては送付された研究計画書に基づき、重金属等の健康影響に関する総合的研究推進委員会にて採択の可否が検討されます。

 採択の可否につきましては事務局より御連絡いたします。

7.添付書類

様式

平成31年度 水俣病に関する総合的研究 研究計画書[Word]平成31年度 水俣病に関する総合的研究 研究計画書.docx

参考

平成31年度 水俣病に関する総合的研究 研究計画書作成要領 [PDF]平成31年度 研究計画書作成要領.pdf

<事務局:お問い合わせおよび研究計画書送付先>

112-0002

東京都文京区小石川1-28-3 NIS小石川ビル

株式会社エヌアイエスプラス R&C事業部

電話番号:03-5689-8026

FAX:03-5689-8029

担当者:木部 めぐみ・鈴木 寿一

メールアドレス:k-minamata@nisp.co.jp

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ