目次に戻る


第6部 平成10年度非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査結果の概要

 

1.はじめに

2.臭素化ダイオキシン類のモニタリング調査

    (1)調査の概要

    (2)調査結果

    (3)調査結果の評価

調査地点図

 

1.はじめに

 化学物質の合成過程、燃焼過程などで非意図的に生成される化学物質による環境汚染が問題となったことから、環境庁では昭和60年度から一般環境中における非意図的生成化学物質の環境残留性を把握することを目的として「有害化学物質汚染実態追跡調査」を開始し、平成5年度からは調査名を「非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査」と改め、引き続き調査を実施している。
 平成9年度までは、ポリ塩化ジベンゾ-p-ジオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)及びコプラナPCBsの調査を実施してきたが、平成10年度には、さらに詳細な環境汚染状況の把握のため「ダイオキシン類緊急全国一斉調査」が実施されることとなり、重複を避けるためダイオキシン類を当該調査の対象物質として取り扱うことを中止した。
 その代わりに、平成10年度には、臭素化ダイオキシン類(ポリ臭化ジベンゾ−p−ジオキシン(PBDD)及びポリ臭化ジベンゾフラン(PBDF)の総称。)を対象物質とした環境調査を実施した。その結果は以下のとおりである。

 

2.臭素化ダイオキシン類のモニタリング調査

 (1)調査の概要

 (2)調査結果

 (3)調査結果の評価