平成11年(1999年)版 「化学物質と環境」
資料1 平成10年度化学物質環境調査等結果各地域データ
目次へ戻る

 
平成10年度化学物質環境調査等結果各地域データ

北海道、東北地方】【関東地方】【北陸、中部地方】【近畿地方】【中国地方】【四国地方


【九州、沖縄地方】
福岡県 北九州市 福岡市 佐賀県 長崎県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
 
都道府県市名  福岡県
調査担当機関名  福岡県保健環境研究所
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査
地 点
調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
大牟田沖(大牟田市地先海域) 6 6 0
有明海(柳川市地先海域) 6 6 0
 
2 環境調査(大気)
調 査
地 点
調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
大 気
大牟田市役所
(大牟田市有明町2丁目3番地)
5
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
大牟田沖 A1 平成10.10.22 22.5 淡黄緑色、1.6m、3
A2 平成10.10.22 22.5 淡黄緑色、1.6m、3
A3 平成10.10.22 22.8 淡黄緑色、1.7m、3
A4 平成10.10.22 22.5 淡黄緑色、1.6m、3
A5 平成10.10.22 22.5 淡黄緑色、1.6m、3
A6 平成10.10.22 22.8 淡黄緑色、1.7m、3
有 明 海 B1 平成10.10.22 21.5 淡灰緑色、0.9m、12
B2 平成10.10.22 21.2 淡灰緑色、0.8m、14
B3 平成10.10.22 21.0 淡灰緑色、1.3m、8
B4 平成10.10.22 21.5 淡灰緑色、0.9m、12
B5 平成10.10.22 21.2 淡灰緑色、0.8m、14
B6 平成10.10.22 21.0 淡灰緑色、1.3m、8
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 福岡県保健環境研究所
調査地点 大   牟   田   沖
調査試料 A1 A2 A3 A4 A5 A6 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd




nd
nd




nd
nd






nd
nd
nd
nd


nd
nd
nd
nd


nd
nd
nd
nd
0.0055
0.00025
0.059
0.088
0.11
0.066
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、(4)アニリン、(6)o−クロロアニリン、
 (7)m−クロロアニリン、(8)p−クロロアニリン
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 福岡県保健環境研究所
調査地点 有     明     海
調査試料 B1 B2 B3 B4 B5 B6 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd




nd
nd




nd
nd






nd
nd
nd
nd


nd
nd
nd
nd


nd
nd
nd
nd
0.0055
0.00025
0.059
0.088
0.11
0.066
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、(4)アニリン、(6)o−クロロアニリン、
 (7)m−クロロアニリン、(8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
大牟田沖 A1 平成10.10.22 5.5 黒色泥状、無、無 49.4 6.3 99
A2 平成10.10.22 6.2 黒色泥状、無、無 57.7 7.5 95
A3 平成10.10.22 6.3 黒色泥状、無、無 52.9 7.4 99
A4 平成10.10.22 5.5 黒色泥状、無、無 49.4 6.3 99
A5 平成10.10.22 6.2 黒色泥状、無、無 57.7 7.5 95
A6 平成10.10.22 6.3 黒色泥状、無、無 52.9 7.4 99
有 明 海 B1 平成10.10.22 7.0 黒色泥状、無、貝殻 48.1 5.3 95
B2 平成10.10.22 6.5 黒色砂泥状、無、貝殻 33.6 2.8 98
B3 平成10.10.22 6.2 黒色砂泥状、無、貝殻 37.5 3.3 95
B4 平成10.10.22 7.0 黒色泥状、無、貝殻 48.1 5.3 95
B5 平成10.10.22 6.5 黒色砂泥状、無、貝殻 33.6 2.8 98
B6 平成10.10.22 6.2 黒色砂泥状、無、貝殻 37.5 3.3 95
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 福岡県保健環境研究所
調査地点 大   牟   田   沖
調査試料 A1 A2 A3 A4 A5 A6 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
0.0059




nd
0.0069




nd
0.0032






0.019
0.018
0.0058
0.0080


0.020
0.022
0.0085
0.0096


0.017
0.015
0.0046
0.0055
0.016
0.00061
0.0032
0.0045
0.0044
0.0046
0/3
3/3
3/3
3/3
3/3
3/3
※ 調査物質:
  (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、(4)アニリン、(6)o−クロロアニリン、
  (7)m−クロロアニリン、(8)p−クロロアニリン
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 福岡県保健環境研究所
調査地点 有     明     海
調査試料 B1 B2 B3 B4 B5 B6 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
0.0109




nd
0.0024




nd
0.0045






0.0071
nd
nd
nd


nd
nd
nd
nd


nd
nd
nd
nd
0.016
0.00061
0.0032
0.0045
0.0044
0.0046
0/3
3/3
1/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、(4)アニリン、(6)o−クロロアニリン、
 (7)m−クロロアニリン、(8)p−クロロアニリン
 
< 大 気 >
大気環境調査結果(福岡県保健環境研究所)
(単位:ng/m3:20℃、1atm換算)
採 取 月 日 気 象 条 件 リン酸トリス(2-クロロエチル) リン酸トリブチル リン酸トリクレジル アジピン酸ビス(2-エチルヘキシル)
時刻 天候 気温
(℃)
風向 風速
m/s

11月10日(火)

11月11日(水)

11月12日(木)

10:30

10:25

10:40

曇り

曇り

晴れ

14

13

17

NW

NW

SSW

4

Calm

1

0.13

0.20

0.29

0.11

0.22

0.34

0.36

0.21

0.23

0.86

0.39

1.5
検 出 限 界 (ng/m3 0.10 0.10 0.10 0.10
検 出 数 / 検 体 数 3/3 3/3 3/3 3/3
検 出 範 囲 (ng/m3 0.13〜0.29 0.11〜0.34 0.21〜0.36 0.39〜1.5
 
大気環境調査結果(福岡県保健環境研究所)
(単位:ng/m3:20℃、1atm換算)
採 取 月 日 気 象 条 件 クロトンアルデヒド
時刻 天候 気温
(℃)
風向 風速
m/s

11月 9日(月)

11月10日(火)

11月12日(木)

9:55

10:30

10:40

曇り

曇り

晴れ

19

14

17

SE

NW

SSW

2

4

1

nd

nd

nd
検 出 限 界 (ng/m3 100
検 出 数 / 検 体 数 0/3
検 出 範 囲 (ng/m3


都道府県市名  北九州市
調査担当機関名  北九州市環境科学研究所
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査
地 点
調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
関門海峡(北九州市小倉北区,門司区) 24 24 3
洞海湾(北九州市若松区,戸畑区) 6 6 0
 
2 環境調査(大気)
調 査
地 点
調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
大 気
国設北九州大気汚染測定所
(北九州市小倉北区朝日ヶ丘)
23
 
3 非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査(底質、生物)
調 査
地 点
調  査  地  点  名
(市町村及び地名)
洞海湾
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
関門海峡 A1 平成10.10.29 22.5 色相9.透明度2.5
A2 平成10.10.29 22.5 色相9.透明度3.0
A3 平成10.10.29 22.0 色相9.透明度3.0
洞 海 湾 B1 平成10.10.29 22.5 色相12.透明度3.0
B2 平成10.10.29 22.0 色相11.透明度3.5
B3 平成10.10.29 22.0 色相12.透明度3.5
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 北九州市環境科学研究所
調査地点 関  門  海  峡 洞    海    湾
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数 B1 B2 B3 検出限界 検出数/検体数


調
















( 1)
( 2)
( 3)
( 4)
( 5)
( 6)
( 7)
( 8)
( 9)
(10)
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)
(16)
(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)
(23)
(24)
0.0020
nd
0.00037
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.70
0.0030
nd
0.00041
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.066
0.0014
nd
0.00037
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
12
0.13
0.00042
0.0055
0.00025
0.059
0.25
0.088
0.11
0.066
0.067
0.062
0.084
0.061
0.15
0.081
0.12
0.10
0.065
0.086
0.21
0.26
0.040
0.016
2.5
0.028
3/3
0/3
3/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
1/3
3/3

nd
0.00071
0.074

nd
nd
nd

















nd
0.00068
nd

nd
nd
nd

















nd
0.00040
nd

nd
nd
nd

















0.0055
0.00025
0.059

0.088
0.11
0.066


















0/3
3/3
1/3

0/3
0/3
0/3
















※ 調査物質:
 (1)ジブチルスズ化合物、(2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、(4)アニリン、(5)4−エトキシアニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、(8)p−クロロアニリン、(9)2,4−ジクロロアニリン、
 (10)2,5−ジクロロアニリン、 (11)3,4−ジクロロアニリン、(12)o−トルイジン、(13)m−トルイジン、(14)p−トルイジン、
 (15)アクリルアミド、(16)ピリジン、 (17)N,N−ジメチルホルムアミド、
 (18)N−tert−ブチル−2−ベンゾチアゾールスルフェンアミド、
 (19)N−シクロヘキシル−2−ベンゾチアゾールスルフェンアミド、
 (20)N,N−ジシクロヘキシル−2−ベンゾチアゾールスルフェンアミド、(21)ベンゾチオフェン、 (22)ジベンゾチオフェン、
 (23)非イオン系界面活性剤、(24)フェノール
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
関門海峡 A1 平成10.10.29 9 粘土状、灰色、なし、なし 51.3 9.3 99.9
A2 平成10.10.29 10.5 粘土状、灰色、なし、なし 54.5 9.6 99.7
A3 平成10.10.29 11 粘土状、灰色、なし、なし 54.0 9.2 99.7
洞 海 湾 B1 平成10.10.29 10.5 粘土状やや砂を含む、灰色、なし、なし 32.3 5.1 96.3
B2 平成10.10.29 8 粘土状やや砂を含む、灰色、なし、なし 63.8 13.0 100
B3 平成10.10.29 8 粘土状やや砂を含む、灰色、なし、なし 47.9 7.5 99.6
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 北九州市環境科学研究所
調査地点 関  門  海  峡 洞    海    湾
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数 B1 B2 B3 検出限界 検出数/検体数
調
















( 1)
( 2)
( 3)
( 4)
( 5)
( 6)
( 7)
( 8)
( 9)
(10)
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)
(16)
(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)
(23)
(24)
0.041
nd
0.0045
0.028
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.023
0.041
1.0
0.091
0.032
nd
0.0058
0.008
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.016
0.033
0.87
0.031
0.089
nd
0.0090
0.010
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.013
0.024
0.70
0.076
0.0031
0.035
0.0013
0.008
0.011
0.012
0.012
0.012
0.0076
0.0041
0.01
0.0043
0.0081
0.0065
0.004
0.0045
0.0019
0.0023
0.005
0.0033
0.0042
0.0046
0.038
0.011
3/3
0/3
3/3
3/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
3/3
3/3
3/3
3/3

nd
0.0036
0.027

nd
nd
nd

















0.22
0.21
0.036

nd
nd
nd

















nd
0.0049
0.052

tr(0.0090)
nd
nd

















0.035
0.0013
0.008

0.012
0.012
0.012

















1/3
3/3
3/3

0/3
0/3
0/3















※ 調査物質:
 (1)ジブチルスズ化合物、(2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、(4)アニリン、(5)4−エトキシアニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、(8)p−クロロアニリン、(9)2,4−ジクロロアニリン、
 (10)2,5−ジクロロアニリン、 (11)3,4−ジクロロアニリン、(12)o−トルイジン、(13)m−トルイジン、(14)p−トルイジン、
 (15)アクリルアミド、(16)ピリジン、 (17)N,N−ジメチルホルムアミド、
 (18)N−tert−ブチル−2−ベンゾチアゾールスルフェンアミド、
 (19)N−シクロヘキシル−2−ベンゾチアゾールスルフェンアミド、
 (20)N,N−ジシクロヘキシル−2−ベンゾチアゾールスルフェンアミド、(21)ベンゾチオフェン、 (22)ジベンゾチオフェン、
 (23)非イオン系界面活性剤、(24)フェノール
 
< 水 系 ・ 生 物 >
生物試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 標準和名 体   長
(cm)
体   重
(g)
脂質重量
(%)
関門海峡 A1 平成10.10. 9 カワハギ 15.8 74.2 0.5
A2 平成10.10. 9 ベラ 118.9 81.3 0.9
A3 平成10.10. 9 マダイ 14.8 57.3 0.4
 
生物環境調査結果(単位:μg/g-wet)
調査担当機関名: 北九州市環境科学研究所
調査地点 関  門  海  峡
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調査
物質
番号
(21)
(22)
(24)
nd
nd
0.040
nd
nd
0.018
nd
nd
nd
0.00061
0.00034
0.018
0/3
0/3
2/3
※ 調査物質:
 (21)ベンゾチオフェン、(22)ジベンゾチオフェン、(24)フェノール
 
< 大 気 >
大気環境調査結果(北九州市環境科学研究所)
(単位:ng/m3:20℃、1atm換算)
採 取 月 日 気 象 条 件 臭化メチル 臭化エチル 塩化ビニル 1,2-ジブロモエタン 2-ブロモプロパン 1-クロロブタン 3,4-ジクロロ-1-ブテン トルエン
時刻 天候 気温
(℃)
風向 風速
m/s

12月14日(月)

12月15日(火)

12月16日(水)

10:00

10:00

10:00

曇り

曇り

晴れ

13.4

10.4

11.4

WNW

WNW

WNW

3.9

2.8

2.6

nd

nd

210

nd

nd

nd

nd

nd

nd

nd

nd

nd

nd

nd

nd

90

nd

nd

nd

80

nd

5100

4400

9300
検 出 限 界 (ng/m3 80 40 240 20 500 40 40 10
検 出 数 / 検 体 数 1/3 0/3 0/3 0/3 0/3 1/3 1/3 3/3
検 出 範 囲 (ng/m3 210 90 80 4400〜9300
 
大気環境調査結果(北九州市環境科学研究所)
(単位:ng/m3:20℃、1atm換算)
採 取 月 日 気 象 条 件 クロロベンゼン o-キシレン m-,p-キシレン スチレンメタン ジクロロメタン 1,2,4-トリメチルベンゼン 1,3,5-トリメチルベンゼン
時刻 天候 気温
(℃)
風向 風速
m/s

12月14日(月)

12月15日(火)

12月16日(水)

10:00

10:00

10:00

曇り

曇り

晴れ

13.4

10.4

11.4

WNW

WNW

WNW

3.9

2.8

2.6

30

nd

30

390

330

460

1050

560

1190

120

50

110

480

1560

8060

1110

400

770

290

90

110
   検 出 限 界 (ng/m3 20 10 20 30 20 10 20
   検 出 数 / 検 体 数 2/3 3/3 3/3 3/3 3/3 3/3 3/3
   検 出 範 囲 (ng/m3 30 330〜460 560〜1190 50〜120 480〜8060 400〜1110 90〜290
 
大気環境調査結果(北九州市環境科学研究所)
(単位:ng/m3:20℃、1atm換算)
採 取 月 日 気 象 条 件 粒子状ポリ塩化ナフタレン ガス状ポリ塩化ナフタレン ポリ塩化ナフタレン(計)
時刻 天候 気温
(℃)
風向 風速
m/s

12月14日(月)

12月15日(火)

12月16日(水)

10:00

10:00

10:00

曇り

曇り

晴れ

13.4

10.4

11.4

WNW

WNW

WNW

3.9

2.8

2.6

0.0032

0.0070

0.0012

0.081

0.11

0.052

0.084

0.12

0.053
検 出 限 界 (ng/m3 0.00006 0.00006 0.00006
検 出 数 / 検 体 数 3/3 3/3 3/3
検 出 範 囲 (ng/m3 0.0012〜0.0070 0.052〜0.11 0.053〜0.12
 
大気環境調査結果(北九州市環境科学研究所)
(単位:ng/m3:20℃、1atm換算)
採 取 月 日 気 象 条 件 リン酸トリス(2-クロロエチル) リン酸トリブチル リン酸トリクレジル アジピン酸ビス(2-エチルヘキシル)
時刻 天候 気温
(℃)
風向 風速
m/s

1月18日(月)

1月19日(火)

1月20日(水)

10:00

10:00

10:00

曇り

曇り
時々雨
曇り

9.2

9.4

6.9

SSE

WSW

NNW

2.3

2.0

3.7

0.83

0.61

0.51

0.31

0.33

0.35

nd

nd

nd

nd

nd

nd
検 出 限 界 (ng/m3 0.17 0.17 0.27 3.0
検 出 数 / 検 体 数 3/3 3/3 0/3 0/3
検 出 範 囲 (ng/m3 0.51〜0.83 0.31〜0.35
 
大気環境調査結果(北九州市環境科学研究所)
(単位:ng/m3:20℃、1atm換算)
採 取 月 日 気 象 条 件 クロトンアルデヒド
時刻 天候 気温
(℃)
風向 風速
m/s

12月14日(月)

12月15日(火)

12月16日(水)

10:00

10:00

10:00

曇り

曇り

晴れ

3.9

2.8

2.6

WNW

WNW

WNW

3.9

2.8

2.6

2.3

7.4

14
検 出 限 界 (ng/m3 0.39
検 出 数 / 検 体 数 3/3
検 出 範 囲 (ng/m3 2.3〜14
 
< 非 意 図 >
底質試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
洞海湾 H10.10.29 9 黒褐色、微硫化水素臭、レキ、小貝等
 
生物試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 標 準 和 名
(匹数)
体 長 範 囲
(cm)
体 重 範 囲
(g)
洞海湾 H10.10.9 マダイ ( 5) 15.2 65.2


都道府県市名  福岡市
調査担当機関名  福岡市保健環境研究所
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査
地 点
調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
博多湾(福岡市) 6 6 0
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
博 多 湾 A1 平成10.10.20 21.0 60,2.8m,2
A2 平成10.10.20 20.6 60,2.8m,2
A3 平成10.10.20 21.0 60,2.8m,2
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 福岡市保健環境研究所
調査地点 博   多   湾
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数

調






( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)

0.0023
0.00089
nd
nd
nd
nd

0.0027
0.0011
nd
nd
nd
nd

0.0034
0.0017
nd
nd
nd
nd

0.0020
0.00025
0.030
0.060
0.060
0.060

3/3
3/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:(2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、
   (4)アニリン、(6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、
   (8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
博 多 湾 A1 平成10.10.20 7.0 泥状,ヘドロ臭,なし 42.2 8.6 90.1
A2 平成10.10.20 8.0 泥状,ヘドロ臭,なし 46.3 9.4 88.0
A3 平成10.10.20 8.0 泥状,ヘドロ臭,なし 50.4 9.9 87.2
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 福岡市保健環境研究所
調査地点 博   多   湾
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数

調






( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)

0.0092
0.0012
0.0021
nd
nd
nd

0.0087
0.0012
0.0018
nd
nd
nd

0.013
0.0014
0.0018
nd
nd
nd

0.0080
0.00061
0.0015
0.0030
0.0030
0.0030

3/3
3/3
3/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、
 (8)p−クロロアニリン


都道府県市名  佐賀県
調査担当機関名  佐賀県環境センター
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査
地 点
調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
伊万里湾(伊万里市) 6 6 0
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料
採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
伊万里湾 A1 平成10.11. 2 21.6 無色,2.1m,2度
A2 平成10.11. 2 21.4 無色,2.1m,2度
A3 平成10.11. 2 21.4 無色,2.3m,2度
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 佐賀県環境センター
調査地点 伊  万  里  湾
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
0.0004
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.015
0.0004
0.015
0.094
0.10
0.068

0/3
1/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
伊万里湾 A1 平成10.11. 2 15.5 泥状,微泥臭,貝殻 51.3 31.5 99
A2 平成10.11. 2 15.0 泥状,微泥臭,貝殻 51.2 10.6 99
A3 平成10.11. 2 13.0 泥状,微泥臭,貝殻 60.3 6.2 99
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 佐賀県環境センター
調査地点 伊  万  里  湾
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
0.0074
nd
nd
nd
nd
nd
0.0087
nd
nd
nd
nd
nd
0.011
nd
nd
nd
nd
nd
0.0074
0.0040
0.0040
0.0038
0.0045
0.0047

3/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン


都道府県市名  長崎県
調査担当機関名  長崎県衛生公害研究所
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査
地 点
調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
長崎港(香焼町海老瀬沖) 6 6 0
 
2 非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査(底質、生物)
調 査
地 点
調  査  地  点  名
(市町村及び地名)
長崎港(香焼町)
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
長 崎 港 A1 平成10.10. 6 26.2 緑青色,10.9m
A2 平成10.10. 6 26.3 緑青色,10.5m
A3 平成10.10. 6 26.3 緑青色,11.1m
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 長崎県衛生公害研究所
調査地点 長   崎   港
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.0055
0.00025
0.059
0.088
0.11
0.066

0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、(4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、
 (8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
長 崎 港 A1 平成10.10. 6 45.5 灰黒色,臭気なし,貝殻 47.1 9.9 95.8
A2 平成10.10. 6 42.0 灰黒色,臭気なし,貝殻 42.7 8.9 96.5
A3 平成10.10. 6 38.5 灰黒色,臭気なし,貝殻 47.0 10.2 98.2
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 長崎県衛生公害研究所
調査地点 長   崎   港
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
0.024
0.0014
nd
nd
nd
nd
0.026
0.0018
nd
nd
nd
nd
0.031
0.0020
nd
nd
nd
nd
0.016
0.00061
0.0030
0.0045
0.0044
0.0046

3/3
3/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、
 (8)p−クロロアニリン
 
< 非 意 図 >
底質試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
長崎港 H10.10.6 38.5〜45.5 灰黒色、なし、貝殻等の破片
 
生物試料の概要(非意図)
調 査 地 点
採取年月日 標 準 和 名
(匹数)
体 長 範 囲
(cm)
体 重 範 囲
(g)
長崎港 H10.10.16 ボラ (10) 39.0〜43.0 910〜1320


都道府県市名  大分県
調査担当機関名  大分県衛生環境研究センター
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査地 点 調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
大分川河口(大分市) 6 6 0
 
2 非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査(底質、生物)
調 査地 点 調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
大分川河口(大分市)
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
大分川河口 A1 平成10.10.30 19.4 無色、2.5m、1度以下
A2 平成10.10.30 21.5 無色、1.9m(全透)、2度以下
A3 平成10.10.30 20.4 無色、1.7m(全透)、1度以下
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 大分県衛生環境研究センター
調査地点 大  分  川  河  口
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.0055
0.00025
0.059
0.088
0.11
0.066

0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、
 (8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
大分川河口 A1 平成10.10.30 8.3 灰黒色泥状、泥臭、植物片 47.3 7.9 97.5
A2 平成10.10.30 1.9 茶褐色砂泥状、泥臭、貝殻片、小石 29.4 3.3 90.7
A3 平成10.10.30 1.7 茶褐色砂状、無臭、無し 27.8 2.0 100.0
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 大分県衛生環境研究センター
調査地点 大  分  川  河  口
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数

調






( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)

nd
nd
0.0043
nd
nd
nd

nd
nd
0.00095
nd
nd
nd

nd
nd
0.00081
nd
nd
nd

0.016
0.00061
0.0006
0.0045
0.0044
0.0046

0/3
0/3
3/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン
 
< 非 意 図 >
底質試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
大分川河口 H10.10.30 8.3 灰黒色泥状、泥臭、植物片
 
生物試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 標 準 和 名
(匹数)
体 長 範 囲
(cm)
体 重 範 囲
(g)
大分川河口 H10.11.2 スズキ ( 3) 41.5〜46.5 1103〜1361


都道府県市名  宮崎県
調査担当機関名  宮崎県衛生環境研究所
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査地 点 調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
大淀川河口(宮崎市) 6 6 0
 
2 非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査(底質、生物)
調 査地 点 調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
大淀川(今迫橋付近)
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
大淀川河口 A1 平成10.12. 1 15.4 淡緑色,2.0m,5度
A2 平成10.12. 1 15.4 淡緑色,1.4m以上,4度
A3 平成10.12. 1 15.6 淡緑色,0.5m以上,4度
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 宮崎県衛生環境研究所
調査地点 大 淀 川 河 口
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数

調






( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)

nd
nd
nd
nd
nd
nd

nd
nd
nd
nd
nd
nd

nd
nd
nd
nd
nd
nd

0.0055
0.00025
0.059
0.088
0.11
0.066

0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
大淀川河口 A1 平成10.12. 7 3.2 砂状,ちゅうかい臭,小石 22.9 1.42 10.9
A2 平成10.12. 7 1.5 砂状,ちゅうかい臭,小石 23.0 1.45 21.7
A3 平成10.12. 7 0.8 砂状,ちゅうかい臭,小石 22.0 1.05 17.3
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 宮崎県衛生環境研究所
調査地点 大 淀 川 河 口
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd
0.0006
nd
nd
nd
nd
nd
0.0009
nd
nd
nd
nd
nd
0.0008
nd
nd
nd
0.016
0.00061
0.0006
0.0045
0.0044
0.0046

0/3
0/3
3/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン
 
< 非 意 図 >
底質試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
大淀川(今迫橋付近) H10.9.24 0.45 砂(黒色)及び小石(褐色)、臭気なし
大淀川(今迫橋付近) H10.9.24 0.40 砂(黒色)及び小石(褐色)、臭気なし
大淀川(今迫橋付近) H10.9.24 0.40 砂(黒色)のみ、臭気なし
 
生物試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 標 準 和 名
(匹数)
体 長 範 囲
(cm)
体 重 範 囲
(g)
大淀川(今迫橋付近) H10.9.24 フナ (13) 11.8〜23.5 50〜340


都道府県市名  鹿児島県
調査担当機関名  鹿児島県環境センター
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査地 点 調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
隼人町内河川(天降川)
(隼人町)
6 6 0
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
隼人町内河川
(天降川)
A1 平成10.10.29 20.0 色相 無色,透視度 100cm以上
A2 平成10.10.29 20.4 色相 無色,透視度 100cm以上
A3 平成10.10.29 21.2 色相 無色,透視度 100cm以上
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 鹿児島県環境センター
調査地点 隼 人 町 内 河 川 ( 天 降 川)
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数

調






( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)

nd
nd
nd
nd
nd
nd

nd
nd
nd
nd
nd
nd

nd
nd
nd
nd
nd
nd

0.0055
0.00025
0.059
0.088
0.10
0.066

0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
隼人町内河川
(天降川)
A1 平成10.10.29 1.2 砂質,無臭,小石 13.8 1.0 80.3
A2 平成10.10.29 0.5 砂質,無臭,小石 15.0 0.90 70.9
A3 平成10.10.29 0.7 砂質,無臭,小石 15.6 1.0 79.8
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 鹿児島県環境センター
調査地点 隼人町内河川(天降川)
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.016
0.00061
0.0006
0.0045
0.0044
0.0046

0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:(2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、
   (4)アニリン、(6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、
   (8)p−クロロアニリン


都道府県市名  沖縄県
調査担当機関名  沖縄県衛生環境研究所
1 環境調査(水質、底質、生物)
調 査地 点 調 査 地 点 名
(市町村及び地名)
調 査 物 質 数
水質 底質 生物
那覇港
(那覇市 那覇港,那覇新港,泊港)
6 6 0
 
2 非意図的生成化学物質汚染実態追跡調査(底質、生物)
調 査地 点 調  査  地  点  名
(市町村及び地名)
中城湾
 
< 水 系 ・ 水 質 >
水質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 温
(℃)
試 料 の 一 般 状 況
(色相、透明度)
那 覇 港 A1 平成10. 9. 8 29.1 透明度0.9m
A2 平成10. 9. 8 29.0 透明度2.0m
A3 平成10. 9. 8 29.0 透明度2.6m
 
水質環境調査結果(単位:ng/ml)
調査担当機関名: 沖縄県衛生環境研究所
調査地点 那   覇   港
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.00039
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
nd
0.0055
0.00025
0.059
0.088
0.11
0.066

0/3
1/3
0/3
0/3
0/3
0/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン
 
< 水 系 ・ 底 質 >
底質試料の概要
調査地点 調査試料 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
含水率
(%)
強熱減量
(%)
泥分率
(%)
那 覇 港 A1 平成10. 9. 8 10.5 泥状黒灰色、下水臭 56.8 10.4 99.8
A2 平成10. 9. 8 9.0 泥状黒灰色、油様臭、下水臭、粗砂 51.5 13.0 99.0
A3 平成10. 9. 8 8.0 泥状黒灰色、微下水臭、粗砂、珊瑚の欠片 48.8 11.5 98.0
 
底質環境調査結果(単位:μg/g-dry)
調査担当機関名: 沖縄県衛生環境研究所
調査地点 那   覇   港
調査試料 A1 A2 A3 検出限界 検出数/検体数
調





( 2)
( 3)
( 4)
( 6)
( 7)
( 8)
nd
nd
0.0098
nd
nd
0.010
0.026
0.00093
0.0089
nd
nd
0.015
0.033
0.0016
0.024
nd
nd
0.011
0.016
0.00061
0.0006
0.0045
0.0044
0.0046

2/3
2/3
3/3
0/3
0/3
3/3
※ 調査物質:
 (2)フェニルスズ化合物、(3)ジフェニルスズ化合物、 (4)アニリン、
 (6)o−クロロアニリン、(7)m−クロロアニリン、 (8)p−クロロアニリン
 
< 非 意 図 >
底質試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 水 深
(m)
試 料 の 一 般 状 況
(外観、臭気、夾雑物)
中城湾 H11.1.22 33 生臭臭、貝殻片、ウニ殻片
 
生物試料の概要(非意図)
調 査 地 点 採取年月日 標 準 和 名
(匹数)
体 長 範 囲
(cm)
体 重 範 囲
(g)
中城湾 H11.1.13 ミナミクロダイ( 3) 29.5〜31.0 650〜875




目次へ戻る