目次に戻る


化学物質対策の国際的動向(平成9年度)

 

第2部 国際化学物質安全性計画(IPCS)

 

1.環境保健クライテリア
        引用文献
2.国際簡潔評価文書

 

1.環境保健クライテリア(EHC:Environmental Health Criteria)

  ストックホルム(スウェーデン)で1972年開催された国連人間環境会議の勧告、世界保健機関(WHO)総会のいくつかの決議(WHA23.60、WHA24.47、WHA25.58、WHA26.68)、および国連環境計画(UNEP)の管理理事会の勧告(UNEP/GC/10.3 July 1973)に応じて、環境汚染による健康影響の総合的評価に関する計画が1973年発足した。
  WHOでは、水銀、PCB、窒素酸化物等の化学物質が人の健康に及ぼす影響を総合的に評価して、各化学物質毎に『環境保健クライテリア(EHC:Environmental Health Criteria)』として公表してきた。この事業は、当初WHOの事務局が評価原案の作成を外部の専門家に委託する方式で行われたため、その成果はわずかしか得られなかった。
  このため、1978年のWHOの総会決議に基づき、次の目的を達成するため、各国の主な研究機関の有機的な協力による「国際化学物質安全性計画(IPCS:International Program on Chemical Safety)」が1980年から開始されている。IPCSの主な活動は以下の通りである。

a ) 既存の公表文献を収集、検討し、化学物質が人の健康及び環境に及ぼす影響を評価すること。

b ) 化学物質の安全性評価のための方法の確立及び改善を行うこと。

c ) 化学物質災害対策を推進するため国際協力を実施すること。

d ) a ) 〜 c )を行うための人材の養成、訓練を推進すること。

  本計画は、WHO(CENTRAL UNIT)、UNEP及び国際労働機関(ILO)が参加している。
  なお、この評価の対象にされる化学物質の範囲は、家庭用化学物質、大気・水・食品中の汚染物質、化粧品、食品添加物、天然毒物、工業薬品、農薬等とされており、医薬品は除外されている。

  「環境保健クライテリア」の構成は、下記のとおりとなっている。

a ) 要約

b ) 同一性、物理化学的性質、分析方法

c ) 人及び環境の暴露源

d ) 環境中での移行、分布及び変化

e ) 環境濃度と人への暴露

f ) 体内動態及び代謝

g ) 環境中の生物への影響

h ) 実験動物及び試験管内試験系への影響

i ) 人への影響

j ) 人の健康へのリスク及び環境への影響に関する評価

k ) 勧告

l ) 国際機関による以前の評価

 

引用文献

  平成11年1月現在、210巻の環境保健クライテリアが刊行又は刊行準備中であるが、このうち No.17以降がIPCSの下で作成されたものとなっている。

 

 1. Mercury

 2. Polychlorinated Biphenyls and Terphenyls

 3. Lead

 4. Oxides of Nitrogen

 5. Nitrates, Nitrites, and N-Nitroso Compounds

 6. Principles and Methods for Evaluating the Toxicity of Chemicals. Part I

 7. Photochemical Oxidants

 8. Sulfur Oxides and Suspended Particulate Matter

 9. DDT and its Derivatives

 10. Carbon Disulfide

 11. Mycotoxins

 12. Noise

 13. Carbon Monoxide

 14. Ultraviolet Radiation

 15. Tin and Organotin Compounds

 16. Radiofrequency and Microwaves

 17. Manganese

 18. Arsenic

 19. Hydrogen Sulfide

 20. Selected Petroleum Products

 21. Chlorine and Hydrogen Chloride

 22. Ultrasound

 23. Lasers and Optical Radiation

 24. Titanium

 25. Selected Radionuclides

 26. Styrene

 27. Guidelines on Studies in Environmental Epidemiology

 28. Acrylonitrile

 29. 2,4-Dichlorophenoxyacetic Acid (2,4-D)

 30. Principles for Evaluating Health Risks to Progeny associated with Exposure to Chemicals during Pregnancy

 31. Tetrachloroethylene

 32. Methylene Chloride

 33. Epichlorohydrin

 34. Chlordane

 35. Extremely Low Frequency (ELF) Fields

 36. Fluorine and Fluorides

 37. Aquatic (Marine and Freshwater) Biotoxins

 38. Heptachlor

 39. Paraquat and Diquat

 40. Endosulfan

 41. Quintozene

 42. Tecnazene

 43. Chlordecone

 44. Mirex

 45. Camphechlor

 46. Guidelines for the Study of Genetic Effects in Human Populations

 47. Summary Report on the Evaluation of Short-term Tests for Carcinogens(Collaborative Study on In Vitro Tests)

 48. Dimethyl Sulfate

 49. Acrylamide

 50. Trichloroethylene

 51. Guide to Short-term Tests for Detecting Mutagenic and Carcinogenic Chemicals

 52. Toluene

 53. Asbestos and other Natural Mineral Fibres

 54. Ammonia

 55. Ethylene Oxide

 56. Propylene Oxide

 57. Principles of Toxicokinetic Studies

 58. Selenium

 59. Principles for Evaluating Health Risks from Chemicals during Infancyand Early Childhood: the Need for a Special Approach

 60. Principles and Methods for the Assessment of Neurotoxicity associated with Exposure to Chemicals

 61. Chromium

 62. 1,2-Dichloroethane

 63. Organophosphorus Insecticides: A General Introduction

 64. Carbamate Pesticides: A General Introduction

 65. Butanols -Four Isomers

 66. Kelevan

 67. Tetradifon

 68. Hydrazine

 69. Magnetic Fields

 70. Principles for the Safety Assessment of Food Additives and Contaminants in Food

 71. Pentachlorophenol

 72. Principles of Studies on Diseases of Suspected Chemical Etiology and their Prevention

 73. Phosphine and Selected Metal Phosphides

 74. Diaminotoluenes

 75. Toluene Diisocyanates

 76. Thiocarbamate Pesticides: A General Introduction

 77. Man-made Mineral Fibres

 78. Dithiocarbamate Pesticides, Ethylenethiourea, and Propylenethiourea: A General Introduction

 79. Dichlorvos

 80. Pyrrolizidine Alkaloids

 81. Vanadium

 82. Cypermethrin

 83. DDT and its Derivatives - Environmental Aspects

 84. 2,4-Dichlorophenoxyacetic Acid-Environmental Aspects

 85. Lead - Environmental Aspects

 86. Mercury - Environmental Aspects

 87. Allethrins

 88. Polychlorinated Dibenzo-p-dioxins and Dibenzofurans

 89. Formaldehyde

 90. Dimethoate

 91. Aldrin and Dieldrin

 92. Resmethrins

 93. Chlorophenols

 94. Permethrin

 95. Fenvalerate

 96. d-Phenothrin

 97. Deltamethrin

 98. Tetramethrin

 99. Cyhalothrin

100. Vinylidene Chloride

101. Methylmercury

102. 1-Propanol

103. 2-Propanol

104. Principles for the Toxicological Assessment of Pesticide Residues in Food

105. Selected Mycotoxins: Ochratoxins,Trichothecenes, Ergot

106. Beryllium

107. Barium

108. Nickel

109. Summary Report on the Evaluation of Short-Term Tests for Carcinogens:Collaborative Study on In Vivo Tests

110. Tricresyl Phosphate

111. Triphenyl Phosphate

112. Tributyl Phosphate

113. Fully Halogenated Chlorofluorocarbons

114. Dimethylformamide

115. 2-Methoxyethanol, 2-Ethoxyethanol, and their Acetates

116. Tributyltin Compounds

117. Methyl Isobutyl Ketone

118. Inorganic Mercury

119. Principles and Methods for the Assessment of Nephrotoxicity associated with Exposure to Chemicals

120. Hexachlorocyclopentadiene

121. Aldicarb

122. n-Hexane

123. Alpha- and Beta-Hexachlorocyclohexanes

124. Lindane

125. Platinum

126. Partially Halogenated Chlorofluorocarbons (Methane Derivatives)

127. Acrolein

128. Chlorobenzenes other than Hexachlorobenzene

129. Isobenzan

130. Endrin

131. Diethylhexyl Phthalate

132. Trichlorfon

133. Fenitrothion

134. Cadmium

135. Cadmium - Environmental Aspects

136. 1,1,1-Trichloroethane

137. Electromagnetic Fields

138. 2-Nitropropane

139. Partially Halogenated Chlorofluorocarbons (Ethane Derivatives)

140. Polychlorinated Biphenyls and Terphenyls (Second Edition)

141. Quality Management for Chemical Safety Testing

142. Alpha-Cypermethrin

143. Methyl Ethyl Ketone

144. Principles for Evaluating Chemical Effects on the Aged Population

145. Methyl Parathion

146. 1,3-Dichloropropene, 1,2-Dichloropropane and Mixtures

147. Propachlor

148. Benomyl

149. Carbendazim

150. Benzene

151. Selected Synthetic Organic Fibres

152. Polybrominated Biphenyls

153. Carbaryl

154. Acetonitrile

155. Biomakers and Risk Assessment: Concepts and Principles

156. Hexachlorobutadiene

157. Hydroquinone

158. Amitrole

159. Glyphosate

160. Ultraviolet Radiation (Sencond Edition)

161. Phenol   

162. Brominated Diphenyl Ethers

163. Chloroform

164. Methylene Chloride (Second Edition)

165. Inorganic Lead

166. Methyl Bromide (Bromomethane)

167. Acetaldehyde

168. Cresols

169. Linear Alkylbenzene Suffonates and Selected Related Compouds

170. Guidance Values for Health-Based Exposure Limits

171. Diesel Fuel and Exhaust Emissions

172. Tetrabromobisphenol A and Derivatives

173. Tris and Bis(2,3-Dibromopropyl)phosphate

174. Isophorone

175. Anticoagulant rodenticides

176. 1,2-Dichloroethane

177. 1,2-Dibromoethane

178. Methomyl

179. Morpholine

180. Principles and Methods for Assessing Direct Immunotoxicity associated with Exposure to Chemicals

181. Chiorinated Paraffins

182. Thallium

183. Chlorothalonil (JMP)

184. Diflubenzuron (JMP)

185. Chlorendic Acid and Anhydride

186. Ethylbenzene

187. White Spirit

188. Nitrogen Oxide

189. Di-n-butyl Phthalate

190. Xylene

191. Acrylic Acid

192. Flame Retardants : A General Introduction

193. Phosgene

194. Aluminium

195. Hexachlorobenzene

196. Methanol

197. Demeton-S-Methyl

198. Diazinon

199. Chlordimerforom

200. Copper

201. Selected Chloroalkyl Ethers

202. Selected Non-hetero cyclic Polycyclic Aromatic Hydrocarbons

203. Chrysotile Asbestos

204. Boron

205. Polybrominated Dibenzo-para-Dioxins and Dibenzofurans

206. Methyl tertiary-Buthyl Ether

207. Aceton

208. Carbontetrachloride

209. Flame Retardants: Tris(chloropropyl) Phosphate and Tris(chloroethyl) Phospate

210. Principles for the Assessment of Risks to Human Health from Exposure to chemicals

 

2.国際簡潔評価文書(CICAD: Concise International Chemical Assessment Document)

(1)

1994年ストックホルムで開催されたIFCSの第1回会合で、IFCSは、2000年迄に化学物質の国際的な評価を追加して行うように要求した。これらの作業は、「環境と開発のための国連会議(UNCED)」で決定されたアジェンダ21第19章のプログラム領域Aの目標を達成するために進められた。
1995年1年に開催されたIPCSとOECDの合同会合で、IPCSは、世界的に利用可能なリスク評価文書を策定するためのプロジェクトを進展するように勧告された。このような文書は、対象化学物質に対する暴露の結果から、ヒトや環境に対するリスクの簡易な評価を提供したものであるとされた。また、当該リスク評価を助けるための主要な調査研究やリスク管理のための実際的な勧告の広範な概要を含むものであるとされた。
1995年5月の第1回スティアリンググループ会合において、新しい評価文書の様式、作成の仕組み、内容が検討された。また、当該文書の名称が『国際簡潔評価文書(CICADs:Concise International Chemical Assessment Documents)』と決定された。

(2)

国際簡潔評価文書は、選別された国/地域の評価文書や既存の環境保健クライテリアに基づいた簡潔な文書であり、ヒトの健康及び/又は環境に対する化学物質の潜在的影響に関する種々の科学的な知見を要約したものである。国際簡潔評価文書の第一の目的は、読者を手助けする(例えば、暴露評価、有害性の同定が国際簡潔評価文書の中には記載されている。)ための化学物質の暴露による有害性と用量の特性づけである。また、国際簡潔評価文書は、科学者やリスク評価に責任を持つ専門家が用いることを意図している。

(3)

IPCSでは、現在、国際簡潔評価文書のような短い国際的なリスク評価文書を策定する仕組みを確立するために行ってきている、プロジェクトのパイロット段階を完了する段階にあり、このパイロット段階では、次の12の物質について当該文書が作成されている。

    3,3'-dichlorobenzidine   1,2-dichloroethane      Limonene           
      Methyl methacrylate     1,1,2,2-tetrachloroethane  o-toluidine
    Biphenyl          2-butoxyethanol       Manganese
    N-phenyl-1-naphthylamine  1,1,2,2-tetrafluoroethane  Triglycidyl isocyanurate



このページの先頭に戻る 目次に戻る