このページの主な内容

環境省保健・化学物質対策科学的知見の充実及び環境リスク評価の推進 >化学物質の内分泌かく乱作用に関するホームページ

ED(Endocrine Discription)= " 内分泌かく乱作用 "  内分泌かく乱作用は、化学物質がもつ様々な作用の一面です。EDは90年代より脚光を浴びた比較的新しい概念であり、現在EDに関連する様々な調査研究が行われています。
コラム魚類の繁殖におよぼす内分泌かく乱化学物質の影響を掲載しました。
コラム内分泌かく乱化学物質が野生生物にもたらすリスクを予測し管理することはできるか?を掲載しました。
コラムPCBによる環境汚染と子どもの健康を掲載しました。
コラム米国の新たなEDSP21イニシャティブを掲載しました。
身近な野生生物の観察事業「生物多様性交流フェア」への出展報告についてを掲載しました。
コラム「化学物質の脅威」に対する一考を掲載しました。
国内
海外
※EICネットおよび環境省の国内・海外ニュースから健康・化学物質に関連するニュースをピックアップしてお知らせしています。

国際シンポジウム情報へ

EXTEND2010における試験・評価の実施状況確認ページ

バックナンバーへ

ご意見募集中

このホームページをより良くするため、ホームページについての御意見・御要望等があればこちらまでお願いします。
アンケート