ダイオキシン類

一般に、ポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン(PCDD)とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)をまとめてダイオキシン類と呼び、コプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)のようなダイオキシン類と同様の毒性を示す物質をダイオキシン類似化合物と呼んでいます。
日本においては、平成11年7月16日に公布されたダイオキシン類対策特別措置法で、PCDD及びPCDFにコプラナーPCBを含めて“ダイオキシン類”と定義しています。

出典:関係省庁共通パンフレット「ダイオキシン類」等


閉じる