■もどる■

環境技術実証モデル事業検討会
酸化エチレン処理技術ワーキンググループ会合(第2回) 議事要旨



1. 日時:平成15年8月6日(水) 9:00〜12:00
2. 場所:経団連会館901号室(室町)
3.議題:
(1)第1回会合議事概要について
(2)実証試験要領(案)に対する意見表明
(3)実証試験要領(案)について
(4)今後の検討スケジュールについて
(5)その他
4.出席検討員:坂本和彦(座長)、岩崎好陽、小渕存、加藤征太郎、山川洋平
5.配布資料
 
資料1 酸化エチレン処理技術ワーキンググループ会合(第1回)議事概要 [PDF 211KB]
資料2 酸化エチレン処理技術実証試験要領(案) [PDF 179KB]
資料3 実証試験要領(案)に対するご意見(株式会社 島川製作所 様) [PDF 142KB]
資料4 実証試験要領(案)に対するご意見(株式会社アチーブ 様) [PDF 21KB]
資料5 実証試験要領(案)に対するご意見(三浦工業株式会社 様) [PDF 122KB]
資料6 実証試験要領(案)に対するご意見(サクラ精機株式会社 様) [PDF 110KB]
資料7 実証試験要領(案)に対するご意見(ムラキ株式会社 様) [PDF 221KB]
資料8 実証試験要領(案)に対するご意見(株式会社パックス 様) [PDF 152KB]
資料9 今後の検討スケジュールについて(予定) [PDF 77KB]
 
参考資料1 環境技術実証モデル事業の概要 [PDF 10KB]
参考資料2 環境技術実証モデル事業実施要領 [PDF 19KB]
参考資料3 モデル事業実施体制 [PDF 12KB]
参考資料4 環境技術実証モデル事業の流れ [PDF 9KB]
参考資料5 平成15年度対象技術分野と分野別ワーキンググループの設置について [PDF 111KB]
参考資料6 環境技術実証モデル事業検討会設置要綱 [PDF 9KB]
参考資料7 同 酸化エチレン処理技術ワーキンググループ会合設置要綱 [PDF 149KB]
参考資料8 実証試験要領のイメージ [PDF 14KB]
参考資料9 酸化エチレン処理技術について [PDF 354KB]
参考資料10 酸化エチレン処理技術実証試験要領(案)における試験条件設定の根拠について [PDF 82KB]
6.議事
会議は公開で行われた。
(1)第1回会合議事概要について
  • 資料1を配布し、意見等については事務局が個別に受け付け対応することとなった。
(2)実証試験要領(案)に対する意見表明
  • 専門家から、実証試験要領(案)について、意見表明がなされた。その後、それぞれの意見に対して、質疑を行った。意見表明を行った専門家は以下の通り。

    ○株式会社島川製作所 松岡氏(資料3に基づき発表)
    ○株式会社アチーブ 神代氏(資料4に基づき発表)
    ○三浦工業株式会社 中井氏(資料5に基づき発表)
    ○サクラ精機株式会社 高橋氏(資料6に基づき発表)
    ○ムラキ株式会社 矢田部氏(資料7に基づき発表)
    ○株式会社パックス 西川氏(資料8に基づき発表)
(3)実証試験要領(案)について
  • 実証試験要領(案)について、(2)の専門家の意見を踏まえ、処理効率、試験装置、排出ガスパターン等について検討員の間で議論を行った。
  • これまでの議論や指摘については、事務局で内容と対応を整理した上で、第3回会合で示すこととされた。
  • 一部の議論について今回は結論が出なかった点もあり、事務局で必要な情報収集を行い、検討員等の意見を伺った上で修文案を検討し、第3回会合で示すこととされた。
(4)今後の検討スケジュールについて
  • 事務局から、資料9に基づき説明。
  • 次回のワーキンググループ会合(9月2日開催予定)では、実証試験要領をとりまとめるとともに、実証機関の募集・選定について議論する予定である旨、事務局から説明を行い、了承された。

(文責:環境省環境管理局環境管理技術室 速報のため事後修正の可能性あり)