環境省大気環境・自動車対策微生物によるバイオレメディエーション

微生物によるバイオレメディエーション

利用指針適合確認状況

 「微生物によるバイオレメディエーション利用指針」(以下、「利用指針」)に基づき、確認依頼のあった事業者の作成した浄化事業計画について、同指針に適合しているかどうか、環境省と経済産業省が合同で確認を行っています。

【利用指針適合確認状況】

適合確認日 事業者名 事業名称 浄化事業計画概要
平成18年
3月31日
株式会社クボタ バイオオーグメンテーションによるテトラクロロエチレン含有汚染土壌の浄化 Desulfitobacterium sp.KBC1株を用いて、土壌中のテトラクロロエチレンをトリクロロエチレンに変換し、次いで一般的な土壌改良により、変換したトリクロロエチレンを揮散除去するもの。(報道発表
平成18年
10月30日
前田建設工業株式会社 白色腐朽菌利用によるダイオキシン類汚染土壌の浄化 本事業は、粉砕した剪定枝にキノコの一種で毒性を持たず、自然界に広く分布するウスキイロカワタケの分離株であるYK-624株を増殖させた資材を土壌にすき込み、ダイオキシン類に汚染された表層土壌を浄化するもの。(確認概要
平成20年
6月9日
栗田工業株式会社 バイオオーグメンテーションによる塩素化エチレン汚染地下水および土壌の浄化 本事業計画は、Dehalococcoides属細菌を含むコンソーシアを用い、塩素化エチレンに汚染された地下水及び土壌を浄化するもの。(確認概要
平成21年
5月29日
株式会社 奥村組
株式会社 アイアイビー
バイオオーグメンテーションによる油含有土壌の浄化
奥村組は主に浄化事業、アイアイビーは主に投入微生物の管理、培養を行う。
本事業計画は、単離された3菌株(Novosphingobium sp.No.2株・Pseudomonas sp.No.5株・Rhodococcus sp.No.10株)の混合菌を利用し、掘削土壌を地表で栄養物質とともに攪拌混合する工法、または土壌を掘削せずに注入井戸から直接注入を行う工法を用いて、汚染土壌中のアルカン類を主成分とする石油類を浄化するもの。
平成21年
5月29日
大成建設株式会社 バイオオーグメンテーションによるベンゼン汚染土壌・地下水の浄化 本事業計画は、ベンゼンを好気的・嫌気的に分解することが可能な細菌であるAzoarcus sp.DN11株を栄養物質とともに地盤に直接導入する工法を用いることにより、土壌及び地下水中に存在するベンゼンを浄化するもの。
平成23年
5月6日
日工株式会社
株式会社熊谷組
学校法人立命館
バイオオーグメンテーションによる鉱油類汚染土壌の浄化 本事業計画は、鉱油類を好気的条件において分解する能力を持つ石油分解菌(Rhodococcus sp.NDKK6株およびGordonia sp.NDKY76A株)を利用し、酸素・栄養物質とともに掘削土壌を混練し養生する「土壌混練方法」、または水平・垂直の井戸管から栄養物質とともに岩盤中に圧力注入し、エアレーションも行いながら浄化する「原位置注入方法」のいずれかにより、油汚染土壌中の鉱油類を分解・除去するもの。
平成23年
5月6日
株式会社 バイオ・ジェネシス テクノロジー ジャパン
鹿島建設株式会社
ケミカルグラウト株式会社
建基興業株式会社
大興物産株式会社
地崎道路株式会社
東電環境エンジニアリング株式会社
日本基礎技術株式会社
日本国土開発株式会社
微生物による鉱物油及びベンゼン汚染土壌の浄化 本事業計画は、好気性または通性嫌気性の混合菌(Rhodococcus erythropolis・Gordonia polyisoprenivorans・Rhodococcus rhodochrous)からなる微生物製剤を用いて、掘削した汚染土壌を浄化ヤードに運搬し、ベンゼン及び鉱物油を分解・除去するもの。分解の効率化のため、油分散効果を持つ油洗浄剤(油とりクリーナー)や油吸着性に優れた油吸着材(オイルスポンジ)を利用し、栄養剤(農業用肥料)、酸素及び水分の供給を行いつつ養生を行う。
平成25年
4月9日
株式会社ゲイト バイオオーグメンテーションによるベンゼン及び鉱物油汚染土壌の浄化 本事業計画は、好気条件下において炭化水素化合物を分解可能なAcinetobacter sp.(GKN-4)を利用し、栄養物質とともに土壌に添加してベンゼン及び油分を分解処理するもの。土壌への添加は、揮発性物質による汚染には、土壌中に圧力注入を行う工法、不揮発性物質による汚染には、掘削土壌を地表で撹拌混合する工法にて行う。
平成26年
10月8日
大成建設株式会社
独立行政法人製品評価技術基盤機構
バイオオーグメンテーションによる塩素化エチレン類汚染土壌及び地下水の浄化 本事業計画は、塩素化エチレン類を分解する細菌(Rhodococcus jostii RHA1株)を地盤に直接導入し、土壌及び地下水中に存在する塩素化エチレン類を二酸化炭素に分解するもの。
平成27年
11月25日
大成建設株式会社
独立行政法人製品評価技術基盤機構
UCH007株およびUCH001株による塩素化エチレン類汚染土壌及び地下水の浄化 本事業計画は、塩素化エチレン類を分解する嫌気性菌(Dehalococcoides mccarti UCH007株及びSulfurospirilum sp.UCH001株)を地盤に直接導入し、土壌及び地下水中に存在する塩素化エチレン類をエチレンにまで分解するもの。

ページのトップへ