環境省大気環境・自動車対策微生物によるバイオレメディエーション

微生物によるバイオレメディエーション

バイオレメディエーションとは

 バイオレメディエーションは微生物等の働きを利用して汚染物質を分解等することによって土壌地下水等の環境汚染の浄化を図る技術のことをいいます。環境汚染浄化の技術的手法としては、物理的手法、化学的手法及び微生物機能の活用等生物学的手法が存在しますが、微生物を利用するバイオレメディエーションは、多様な汚染物質への適用可能性を有し、投入エネルギーが理論的には少なく、一般的に浄化費用も低く済む可能性があり、将来の主要技術の一つと考えられています。

 バイオレメディエーションには、微生物を利用する技術として、外部で培養した微生物を導入することにより浄化を行う「バイオオーグメンテーション」と、栄養物質等又は酸素を加えて浄化場所に生息している微生物を活性化することにより浄化を行う「バイオスティミュレーション」があるほか、植物を利用して土壌の浄化等を行う技術である「ファイトレメディレーション」が含まれます。

 微生物を利用するバイオレメディエーションの中でも特に、バイオオーグメンテーションについては、主に難分解性化学物質の汚染に対して、近年、環境汚染浄化技術としての注目が高まっており、今後の利用拡大が期待されています。

 微生物の開放系利用となるバイオレメディエーションは、安全性評価を十分踏まえつつ実施し、汚染された土壌、地下水等の浄化を進めることにより、全体として生態系への影響及び人への健康影響を低減することが期待できます。

ページのトップへ