大気環境・自動車対策

放射性物質の常時監視 | 環境放射能水準調査

原子力規制委員会原子力規制庁において全国における原子力施設からの影響の有無を把握するため、環境放射能水準調査として、各都道府県においてモニタリングポストの空間線量率の測定や、大気浮遊じん、降下物などの放射性物質の濃度等について、定期的に分析を行っています。

大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の改正により、平成25年12月20日から、環境大臣が、一般環境中の放射性物質の存在状況を把握するため、放射性物質の常時監視を行うこととされたことから、この調査のデータの一部を、大防法及び水濁法による放射性物質の常時監視のデータとして活用することとしております。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ