大気環境・自動車対策

無題ドキュメント

図1 ダイオキシン類の大気環境中濃度(一般環境)の経年変化

図:図1 ダイオキシン類の大気環境中濃度(一般環境)の経年変化

注)
  1. [1]平成10年度以前の測定値については、コプラナーPCBを含んでいない。
  2. [2]毒性等量の算出には、平成10年度以前はI−TEF、平成11年度以降はWHO−TEFを用いている。
  3. [3]平成2~8年度については環境庁調査結果、平成9〜11年度については環境庁及び地方公共団体調査結果である。
  4. [4]一般環境における測定結果のみをとりまとめた。
  5. [5]測定地点は調査ごとに変更している場合があるので、同一地点の経年変化を表すわけではない。
  6. [6]最大値及び最小値は、各年度ごとに、測定した地点の年平均値としてのもの。

図2 継続測定地点におけるPCDDs・PCDFs濃度の推移

図:図2 継続測定地点におけるPCDDs・PCDFs濃度の推移

図3 継続測定地点におけるベンゼン濃度の推移

図:図3 継続測定地点におけるベンゼン濃度の推移

ページ先頭へ