「みどり香るまちづくり」企画コンテストは

毎年開催しています!

これまでの受賞企画

WINNERS

平成20年度

環境大臣賞

緑あふれ花かおりただようコミュニティパークづくり

企画者:南種子町

場所:鹿児島県熊毛郡南種子町

絶滅危惧種であるタカクマムラサキが自生する数少ない地域の1つである鹿児島県南種子町で、その保護・増殖を目指しました。自生地での生育環境の維持が難しい中、清涼感あるかおりの植物をまちづくりに活かす企画です。

企画概要ペーパーを見る(0.5MB)

におい・かおり環境協会賞

稚内市中央地区「香りゃんせ通り」コミュニティガーデンづくり

企画者:稚内市歴史・まち研究会/北海道職業能力開発大学校

場所:北海道稚内市

日本の最北端に位置する北海道稚内市の国道、鉄道の最北の起点を香りの起点にというコンセプトの企画。市街地にラベンダー等、丘陵にエゾヤマザクラを植栽し、香りをテーマに散策路で結びつけ街全体の融合を図っています。

企画概要ペーパーを見る(0.4MB)

日本アロマ環境協会賞

自分たちの出した生ごみが生まれ変わる。「ハーブのかほりを楽しむ街を目指して」

企画者:橋南まちづくり委員会

場所:長野県飯田市

家庭の生ごみから生産された堆肥を使い、市道の周りにラベンダーを植えました。維持管理には多くの地区住民の参加があり、コミュニティづくりが進んでいます。家庭の庭先にも、挿し木で増やしたラベンダーが植えられています。

企画概要ペーパーを見る(0.5MB)

入賞

風薫る通学・通園路

企画者:学校法人スコーレ/小岩井農牧株式会社 

場所:岩手県盛岡市

都市開発により緑の少なくなった高校周辺に、コニファーやタイム、モクレン、カリン等を植栽しました。寒さが厳しい地域ですが、園芸を学ぶ教科がある学校の特色を活かし、積極的に手入れを行っています。

企画概要ペーパーを見る(0.4MB)

TOP